ダッシュで奪取

レガシーSIer → webエンジニア(見習い) 新しく知ったことのメモを書いています。

【雑記】無職になりました

色々な出来事が重なったこともあり、5年ほど勤めた会社を辞めました。
引き継ぎ作業等も不要で、会社的にも自分的にもベストなタイミングだったのでは?と思います。

最終出勤日に、常駐先の方と後輩からプレゼントをもらってめちゃくちゃ嬉しかったです。
「きょるにさんが先輩で良かったです!」と…私も後輩ちゃんが後輩で良かったです…良かった…

これからどうするのか、という話

次は決まっていないので、無職です。

一応首都圏内勤務ではありましたが、定時後に都内に出るとなると…適当に見積もっても2時間はかかってしまうので「働きながらの転職活動は無理」と判断したのがひとつ。
焦って次の就職先を決めてしまうのは良くないなと思ったのがひとつ。

ただ、このまま人生の夏休みだ!!とごろごろしていても(それはそれで魅力的なのですが)無を生み出してしまうだけなので、 通学型のプログラミングスクールに申し込みました。名前は伏せますが、最近強気な値上げをしたとちょっとバズっていたところです…

何十万のお金をかける価値があるのか?とか、3ヶ月間を捧げてあまり成果がなかったらどうするのか?とか、その間貯金が目減りしていくけど大丈夫か?と色々悩んだのですが、

  • チーム開発ができること
  • 就職サポートがあること

を理由として、受講を決めました。お金はちょうどボーナスが入る+退職金があったのでなんとかなりました

オフラインスクールに決めた理由

仕事をしていたときに、習い事のような感覚で短期間ではありますが某オンラインスクールを受講していました。

Web系の仕事やってみたい!と思ったのは良いのですが、やっぱり向いていなかったらどうしよう?という気持ちも少なからずあったので…ちょっと試しに触ってみようかなと。

結果として、やっぱり開発は楽しい!Web上にシステムを作れるのは楽しい!新しいことを知ったらすぐ試すことのできる環境があるのは楽しい!と思えたので、受講してみたことは少なからずプラスになったのですが…

その時は検索とひたすらの試行錯誤で意外となんとかなってしまったので、スクールのメリットとして感じていた「メンターに質問できる」という部分をほとんど活かすことができませんでした。
そのため、次は独学かオフラインスクールかな?と思いながら受講期間を終えました。

※今となってはすごく勿体なかったな…と思っています。もっとカリキュラム外のことでもガンガン聞けば良かったです…

私はSESでシステムの改修こそ行ってきましたが、一人一プロジェクトのような状態だったので、チームでの開発はほぼ未経験でした(後輩が入りたてのとき、OJTのような感じで作業を割り振ったぐらい)。これはこれで、最低限のルールさえ守れば割と好きなようにやらせてもらえて楽しかったのですが
オンラインスクールでも、Twitterで同じ受講生の方のつぶやきを覗きこそすれ基本的には個人プレーでした。

なので「同期と顔を突き合わせてのチーム開発を経験できる」というのは、通学型ならではのメリットであると感じました。

また、職務経歴書や履歴書の添削等がカリキュラムに盛り込まれているのも、就職をひとまずの目標としている私にはありがたいです。こういうの書くのすごい苦手なので… 受講料が高いということも、裏を返せば「高い受講料を払ってでもエンジニア転職したい!」というモチベーションの高い人ばかりが集まっているのでは?と取ることもできますしね。これはただの想像なので、実際に通ってみないと分からないのですが。

受講できなかった一番の理由が「通学する時間がない」であったため、無職となった今!時間はたくさんある!!と、退職日が決まって真っ先に無料カウンセリングを申し込んでいました。そこからの決断は本当早かったです。20代ギリギリという年齢のこともあり、悩んでいる時間も惜しいのです…

カウンセリングでは「受講生には営業職の方等をはじめとした、業界未経験の人が多いです」とのことだったので、肩書はエンジニアであった私はちょっと毛色が違うのかもしれません。

とりあえず数ヶ月後、転職できていることを信じて!頑張ります