ダッシュで奪取

レガシーSIer → webエンジニア(見習い) 新しく知ったことのメモを書いています。

【Vim】設定ファイルをGitHub管理する

目次

  1. GitHub管理すると何が良いの?
  2. GitHub上にリポジトリを作る
  3. .vimrcファイルを移動
  4. シンボリックリンクを張る
  5. GitHubにpushする
  6. cloneしたいとき
  7. 参考URL
この記事の目標
  • .vimrcをGitHub上に置く

1. GitHub管理すると何が良いの?

GitHubから設定ファイルを持ってくることによって、

  • 新しいPCを購入したとき
  • HDDを吹っ飛ばしてしまったとき
  • 会社のPC

上記すべてで、同じ環境設定を適用して作業をすることができるようになります。うれしい

2. GitHub上にリポジトリを作る

GitHubの右上「New repository」から新しいリポジトリを作成。
名前ですが、dotfiles にしている方が多いみたいです。

3. .vimrcファイルを移動

dotfiles用のディレクトリを作って、その中に .vimrc を移動させます。

$ cd ~/
$ mkdir dotfiles
$ mv .vimrc dotfiles

4. シンボリックリンクを張る

シンボリックリンク:windowsのショートカットファイルみたいなもの

シンボリックリンクを張るスクリプト用のファイルを、 dotfiles の中に作る

$ cd ~/dotfiles
$ touch dotfilesLink.sh

dotfilesLink.sh に、下記を記述(一行目はおまじない:後日ちゃんと調べます…)

#!/bin/sh
ln -sf ~/dotfiles/.vimrc ~/.vimrc

~/dotfiles/.vimrc へのリンクを、 ~/.vimrc という名前で作る

  • ln :リンクを作る
  • sf
    • s:シンボリックリンクを作る
    • f:作ろうとしているリンクが既に存在する場合、削除してから作る

シェルスクリプトを実行する

$ bash dotfilesLink.sh

できたら、お試しで起動してみる

$ vim ~/.vimrc

.vimrcファイル自体は dotfiles の中にあるのに、パスに dotfiles を書かなくても開くことができるようになりました。

5. GitHubにpushする

$ cd ~/dotfiles
$ git init
$ git add .
$ git commit -m 'first commit'
$ git remote add origin https://github.com/自分のアカウント名/dotfiles.git
$ git push -u origin master

6. cloneしたいとき

$ cd ~/
$ git clone https://github.com/自分のアカウント名/dotfiles.git

新しいPCの場合、シェルスクリプトの実行を忘れないように!

7. 参考URL